【危険】クロム酸イオンを合成する

水酸化クロム(Ⅲ)からクロム酸イオンを合成します。
クロム酸イオンは六価のクロムイオンで超有害なので絶対に水道に流してはいけません。
使用後は適切に処理しないといけない物質なのでこんなもの作らないほうがいいです。
でも僕は作ります。マネしないでください。

原料の水酸化クロムは顔料として販売されています。
これと水酸化ナトリウム、そして硝酸カリウムを混ぜて加熱します。
水酸化ナトリウムが融解すると反応が始まります。

融解した水酸化ナトリウムは超危険。皮膚についたら火傷&薬傷で大変なことになります。目に入ったら失明です。必ず保護メガネをしましょう。というかやらない方が身のためです。
試験管でやっていますがもしかしたら破裂するかもしれないのでヤバいです。 やらない方が身のためです。
ちなみに融解した水酸化ナトリウムはガラスを腐食するので反応後は試験管が曇りガラスになってしまいます。

しばらくグツグツ煮込むと黄色くなってきます。これがクロム酸イオンの色です。三価のクロムが硝酸カリウムによって酸化され、六価になったのです。

放冷後、水に溶かしてろ過したのがこちら。

それではクロム酸イオンの反応を見てみましょう。
酸性にするとクロム酸イオンからニクロム酸イオンに変わり黄色から橙色の溶液になります。
鉛イオンを加えると黄色のクロム酸鉛、
銀イオンを加えると赤褐色のクロム酸銀が沈殿します。

廃液は酸性条件下で過酸化水素水を加えます。過酸化水素水が還元剤となりクロムが三価に戻ります。紫色もしくは緑色になったらもう安全です。

同じ三価のクロムイオン溶液でも紫色だったり加熱すると緑色になったりします。

三価のクロムイオン溶液をアルカリ性にすると水酸化クロムが沈殿します。

クロム信号。
左から水酸化クロム、クロム酸鉛、クロム酸銀 。

The following two tabs change content below.
おーたむ

おーたむ

みくあす管理人プロフィール
映える化学実験を求めてMyラボで遊んでる人。毒劇物取扱者及び危険物取扱者(甲種)の資格所持者。

関連記事

  1. 硝化綿を爆発させる

  2. 硝酸ストロンチウムを合成

  3. 酢酸ナトリウムを作って過飽和実験

  4. 尿素樹脂作ってみた

  5. ビスマスを融解させて結晶を作る