見えない炎で着火実験【自宅ラボLv3】

記事:おーたむ

今回の実験は、最初に動画を見せちゃいます。


着火してないのに燃えてる!?
これ、一体何が起きてるか分かりますか?

自宅ラボLv3:中学理科レベルの実験
可燃性液体を使うので引火・火事に十分注意してください。
必ず消火用の水を用意して実験しましょう。
参考→【レベル別】自宅化学実験マニュアル

試薬
・燃料用アルコール
・アセトン

燃料用アルコールとアセトンはどちらも可燃性液体。
火をつければ容易に燃えます。
アセトンに着火すると明るいオレンジ色の炎が上がるのに対して、燃料用アルコールは非常に見えづらい薄い青色の炎を上げて燃えます。

アルコールの炎は見えづらいため明るい場所では燃えているかどうか見た目で分かりづらく、注意が必要です。
バットに少しアルコールを垂らして着火。
そこに注射器でアセトンを吹きかけると…

このように、引火して大炎上!
まるで火種がないのに発火しているかのようです。

この実験ではわざとやっているので大丈夫ですが、もしアルコールに火が付いているのに気付かず、可燃物を近付けてしまうとこのように引火して火事になりかねません。
アルコールに着火して実験する時は、最後に暗くして炎が消えているかしっかり確かめる、念のために水をかけるなどしないと大変危険です。
というわけで、今回は注意喚起も兼ねた実験記事でした。
火を使う実験は気をつけましょう!

The following two tabs change content below.
おーたむ

おーたむ

みくあす管理人プロフィール
映える化学実験を求めてMyラボで遊んでる人。毒劇物取扱者及び危険物取扱者(甲種)の資格所持者。

関連記事

  1. クレジットカードを薬品で溶かしてみた

  2. 【失敗】ニトロ安息香酸を強熱したら吹き飛んだ

  3. 青写真やってみた

  4. 紫キャベツのアントシアニンを抽出する

  5. ベンゼンからp-ヒドロキシアゾベンゼンを作る

  6. フタル酸と尿素からルミノールを合成してみた

  7. 緑礬から濃硫酸を作ってみた【自宅ラボLv9】

  8. 簡易的な局所排気装置を自作する