【有料記事】空気から硝酸を作る

爆薬原料として有名な硝酸。
実は空気から作ることができるのです。
爆薬は作ると違法ですが、硝酸自体は爆薬ではないので問題ありません。

硝酸を作るにはまず、空気中でアーク放電を起こす必要があります。
アーク放電のエネルギーによって空気中の窒素が活性化し、酸素と反応して二酸化窒素が生成します。
この二酸化窒素を水と反応させることで硝酸が生成します。

それではさっそくアーク放電を起こす装置を組み立てて、空気から硝酸を作ってみましょう。

具体的なやり方を解説していきます。

〜ここから先は有料(¥200)です。〜
続きはこちらからどうぞ。
空気から硝酸を作る

The following two tabs change content below.
おーたむ

おーたむ

みくあす管理人プロフィール
映える化学実験を求めてMyラボで遊んでる人。毒劇物取扱者及び危険物取扱者(甲種)の資格所持者。

関連記事

  1. フタル酸と尿素からルミノールを合成してみた

  2. 幻の入浴剤「六一〇ハップ」を自作してみた

  3. 尿素樹脂作ってみた

  4. ビスマスを融解させて結晶を作る

  5. 【不良品を探せ】ジューCで学ぶ標準偏差【第1回】

  6. 【危険】クロム酸イオンを合成する

  7. ベンゼンからp-ヒドロキシアゾベンゼンを作る

  8. 化学の水鉄砲を作ってみた