[第27回おうちラボで実験してみた]抗炎症薬サリチル酸メチルを合成してみた。

〈実験〉有機合成化学・医薬品化学

みなさんこんにちは。今回は消炎薬として用いられるサリチル酸メチルを合成していきたいと思います。湿布などの外用薬として利用させるほか食品香料、マウスウォッシュ剤としても用いられています。天然にはウィンターグリーンと呼ばれる植物群に存在し、精油として得られます。

またサリチル酸メチルは経皮吸収によって体内に取り込まれ、サリチル酸系と同様にプロスタグランジン類の生成を阻害して鎮痛作用を示します(第7回座学参照)。

●合成について
サリチル酸のカルボキシ基を濃硫酸触媒の下メタノールでエステル化するだけで得られます。反応機構は次の通り。

カルボニル炭素にメタノールの酸素が求核付加し、四面体中間体を経由して最終的にOH基がプロトン化して水として脱離します。
反応自体は(機構は置いといて)高校で習います。しかし、サリチル酸のヒドロキシ基をアセチル化した「アセチルサリチル酸(アスピリン)」とサリチル酸のカルボキシ基をメタノールでエステル化した「サリチル酸メチル」がどちらも医薬品として用いられるためごちゃ混ぜになる人が多いです。「塩化鉄(Ⅲ)水溶液で呈色するのどっちだっけ…」などとならないようしっかり区別できるようになっておきましょう(ちなみにサリチル酸メチルはフェノール性ヒドロキシ基が残っているため呈色する)。

●実験
※注意
濃硫酸は皮膚粘膜刺激性・腐食性を有します。メタノールは強い毒性を有します。サリチル酸は粘膜刺激性を有します。いずれの試薬も薬傷、失明の危険性があり、重篤な事故につながる恐れがあります。安易な真似は控えてください。実験者は白衣、保護眼鏡、手袋を着用し、必要に応じて局所排気設備を使用しています。

〜材料〜
・サリチル酸
・メタノール
・濃硫酸
・炭酸水素ナトリウム
・モレキュラーシーブ3A

〜器具・装置〜
・250ml丸底フラスコ
・50ml丸底フラスコ
・三角フラスコ
・ジムロート冷却器
・分液漏斗
・単蒸留装置
・オイルバス
・スターラー付きマントルヒーター
・ホットマグネチックスターラー
・冷却水循環装置
・水流式アスピレーター

①サリチル酸40gをメタノール150mlに溶かす。

②濃硫酸32mlを慎重に加える。

③加熱還流を2時間行なう。

④反応液を分液漏斗に移し飽和炭酸水素ナトリウム水溶液30mlを加えて揺り動かし、触媒の濃硫酸を潰す。これを2〜3回繰り返す。

⑤下層の有機層を回収してモレキュラーシーブで乾燥させる。

⑥オイルバスで減圧蒸留精製を行なう。

⑦サリチル酸メチルが得られた。収率は65.36%であった。

今回めでたくサリチル酸メチルの合成に成功しました。匂いは湿布の独特な感じそのままです。医薬品ではあるものの実験生成物は人体に使用できません。また、サリチル酸メチルは食品香料に使われている物質でありながら毒性が高くたった6gで成人男性の致死量に匹敵するらしいので決して口にしてはいけません。大人しくコレクションに加わってもらいましょう。それでは次回の実験までさよなラジカル。

えざお

The following two tabs change content below.
えざお

えざお

記事執筆担当 アングラ化学部 バイオ部プロフィール
化学部・バイオ部のおうちラボケミスト兼バイオハッカー見習い。まだまだ勉強中の青二才。一応環境分析化学専攻だったりする。有機化学が好き。自信は無いのでどうかお手柔らかに!

関連記事

  1. 【危険】クロム酸イオンを合成する

  2. [第22回おうちラボで実験してみた]化学が生んだ青色の王様!銅フタロシ…

  3. [第3回おうちラボで実験してみた]リアルDr.STONE!?イチから石…

  4. [第25回おうちラボで実験してみた]1g1万円超えの高級試薬ヘキサクロ…

  5. [第7回おうちラボで実験してみた]人類初の合成医薬品!アスピリンを合成…

  6. 硝化綿を爆発させる

  7. 酢酸ナトリウムを作って過飽和実験

  8. [第30回おうちラボで実験してみた]MDMAの前駆体!?胡椒から辛味成…