【有料記事】銀箔とスポーツドリンクで鏡を作る

今回は化学の力を使って鏡を作ってみたいと思います。
銀イオン溶液を還元してガラス壁面に純銀を生成させることで、美しく輝く鏡を作ることができます。
この反応は「銀鏡反応」といいます。
やはり自宅ラボ勢ならこの実験は一度はやってみたいと思うのではないでしょうか。
しかしこの実験を自宅で行うには問題があります。
銀イオン溶液の入手が困難であるということです。
本来は硝酸銀を用いますが、硝酸銀は劇物です。
銀を硝酸で溶かすことで硝酸銀を作ることもできますが、硝酸も劇物です。
一応劇物も薬局で発注して書類にハンコを押せば個人で購入することができますが、昨今は個人での薬品の購入への規制が厳しく、特に硝酸や硝酸化合物は爆薬の原料にもなりうるため売ってくれないことが多いのです。
それどころか不審者だと思われて、発注するフリをして通報されたという例もあるようです。
そんな面倒な目には遭いたくないと思うのが普通でしょう。

そこで今回は、硝酸銀や硝酸を使わずに銀鏡反応ができないかと研究していたところ見事に成功したので、その方法を解説していきます。
薬局で試薬を発注しなくても、ネットで販売されているものだけを使って銀鏡反応を行うことができます。
それでは始めましょう。

〜この記事は有料(¥200)です〜
続きはこちらからどうぞ。
自宅でできる銀鏡反応:銀箔とスポーツドリンクで鏡を作る

The following two tabs change content below.
おーたむ

おーたむ

みくあす管理人プロフィール
映える化学実験を求めてMyラボで遊んでる人。毒劇物取扱者及び危険物取扱者(甲種)の資格所持者。

関連記事

  1. 硝化綿を爆発させる

  2. 毒劇物の購入、所持について(毒劇物取締法)

  3. ベンゼンからp-ヒドロキシアゾベンゼンを作る

  4. ビスマスを融解させて結晶を作る

  5. 振ると濃くなる謎の液:カメレオンエマルジョンの作り方

  6. 【不良品を探せ】ジューCで学ぶ標準偏差【第1回】

  7. 酢酸ナトリウムの過冷却実験

  8. 幻の入浴剤「六一〇ハップ」を自作してみた